【バ ナ ー ズ】

事業の現状、今後の展開について
当社は、事業の現状、今後の展開につきまして、下記のとおり株式会社東京証券取引所に対し、東京証券取引所有価証券上場規程第601条第1項第4号aに定める書面を提出いたしましたので、お知らせいたします。
本書面の提出により、平成21年4月30日までのいずれかの月において、月間平均時価総額及び月末時価総額が10億円以上になったときは、有価証券上場規程第601条第1項第4号aに骸当しないことになります。
当社では、今後下記に記載した事業計画の推進により業績の改善を図り、時価総額を10億円以上へ回復すべく市場からの評価を高め、今後とも上場を維持してまいりたいと考えております。

[コメント]

7月に時価総額が10億以下になり、9か月以内に時価総額が10億を超えなければ上場廃止になる。
投資グループが経営参画するも発展なし、現在の筆頭株主は「社宮入バルブ製作所」である。現時点での株価は4円、車のディーラー業では賄えない。倒産のリスクは高いと見る。


【ワールド・ロジ】

一時会計監査人の辞任ならびに一時会計監査人再選任に関するお知らせ
当社と大阪監査法人は、平成20年10月29日付けで同法人の一時会計監査人辞任について合意し、同日開催の当社監査役会において、会社法第346条第4項及び第6項の規定の基づき、一時会計監査人としてアスカ監査法人を再選任することを決議致しましたので、お知らせ致します。

[コメント]

四半期の決算短信が間に合わなくなりそう。決算短信、四半期報告が遅れると「管理ポスト」へ直行となる。それを回避するため、前監査法人を再任した。