オー・エイチ・ティー(株) 【マザーズ:6726】

【監理銘柄指定】

コメント:

「当社は、本日、元代表取締役社長及び2名の元取締役とともに、証券取引法違反(虚偽有価証券報告書等提出)の嫌疑で、証券取引等監視委員会により告発を受けました。」とある。

虚偽の報告をしたということだが、株主は常に企業を監視する体制が出来るはずもなく、全て企業サイドに経営というものを任せている。それは取締役には「善管義務」があり、主にコンプライアンス部分においてはその責任をすべて取らなければならない。

こうした不正があると、市場が歪められ投資家の資産さえも奪う重大な事件である。

現在、特に新興企業に多く散見できるが「虚偽記載」、「開示違反」等が跋扈している。

決算状況は前期、2期、3期前赤字。決算期は4月末日。




(株)ウィズ 【JASDAQ:7835】

【特別損失】

コメント:

投資有価証券の評価損、342百万円、子会社支援特損、390百円。

当面の間、業務改善が早期に見込めないとコメントしている。

「たまごっち」を開発した社長だが、新しいヒットが必要不可欠であるが、売れる売れないは市場次第。かなり難しいビジネスであることは間違いない。

人員の削減等で立て直しを図るとあるが、削減だけでは抜本的な体質改善には至らない。




(株)バナーズ 【東証2部:3011】既報

【第三者割当】

コメント:

割当を受けるのは「西日本宮入販売株式会社」とある。予約権行使時資金総額は6億円。払込日は平成21年1月19日と開示。

私見だが、この会社は車のディーラーやら鋳・鍛造品製造と何が本業かさっぱり分からない。

このMSCBまでやった(割当先「Forward Value Capital」)会社に6億円という巨額を投じる方も何を考えているかがさっぱり理解が出来ない。何か臭いますね。