シグマ・ゲイン(株) 【大証2部:8192】

[実質的存続性の喪失]

「平成20 年11 月期決算における利益が大阪証券取引所の定める形式基準である1億円に満たないことが明らかになりました。
大阪証券取引所の規則により、形式基準を満たしていない場合は適合審査申請を通過しないため、当社株式におきましては、平成20 年11 月期の有価証券報告書提出日(平成21 年2月26 日予定)から起算して8日目の日までに、当社が適合審査申請を行わないことを大阪証券取引所が確認した時点で上場廃止が決定し、整理銘柄への指定から1ヵ月後に上場廃止となる予定であります。」


上場廃止となりそうだ。おかしいのは時価総額は緩和されたのだから、利益にしても緩和されていいようなものだ。

この100年に1度と言われる未曾有の経済状況に対応しないと、新興企業等は上場廃止が相次ぐ形になるだろう。今後も「実質的存続性の喪失」という企業がたくさん出てくるだろう。




田崎真珠(株) 【東証1部:7968】

[養殖場等の事業所の閉鎖]

真珠トップ。養殖から小売り一貫。DTC社からダイヤを安定的に供給受ける。中国に多店舗。
連結事業 【連結事業】小売57(14)、卸売43(9)、他0(-78)【海外】16(2007.10)

1954年創業。会社設立は1959年。国内で真珠の生産及び加工販売を行っている企業としてはトップクラスの実力があり、日本真珠振興会が主催する全国真珠品評会では農水大臣賞を7度受賞の実績を誇っている。1990年代にデビアスグループからダイヤモンド原石を購入する権利を取得してダイヤモンド事業に本格参入。日本有数の総合宝飾品メーカーに成長。

尚、ダイヤモンド・トレーディング・カンパニーでは日本で唯一、DTCサイトホルダー資格を保有されている企業でもある。また、本社内にある田崎パールプラザでは、同社が誇るモニュメントも展示されている。

2007年12月田崎真珠の筆頭株主(11%強)を有するサハ・ダイヤモンドからサハの取締役を田崎真珠の役員に選任するよう提案があったものの、これに反対する意見を表明した。(Wikipedia)

1985年6月4日に上場した「田崎真珠」だが、経営は苦戦している。決算状況も中間、前期、2期、3期前連続赤字になり、「継続疑義」は継続されている。

営業CFは0であり、財務CFも-165億円である。現金同等物も20億円と苦戦中。

養殖場を7箇所閉鎖で、残る養殖場は、九十九島養殖場(長崎県佐世保市船越町 昭和
54 年開設)のみの存続となった模様。




監理銘柄・整理銘柄指定状況<株式>【JASDAQ】


螢ぁ璽掘次Ε錺2310 上場廃止、整理銘柄指定

エス・イー・エス6290 上場廃止、整理銘柄指定

三笠製薬4542 上場廃止、整理銘柄指定

螢Εーヴ2360 監理銘柄(確認中)指定

東新住建1754 上場廃止、整理銘柄指定

螢咼献腑鵐瓮ネ7642 監理銘柄(審査中)指定

旭ホームズ1913 上場廃止、整理銘柄指定

螢▲セス4700 上場廃止、整理銘柄指定

チムニー3362 上場廃止、整理銘柄指定

山洋工業8109 監理銘柄(確認中)指定

日本ジャンボー9677 上場廃止、整理銘柄指定

螢▲好灰奪3264 監理銘柄(確認中)指定

新輝合成7929 上場廃止、整理銘柄指定

螢愁螢好9847 監理銘柄(確認中)指定

螢縫船蹈汽鵐奸璽2879 監理銘柄(確認中)指定