連続赤字の企業。

携帯電話向けに特化したソフト開発会社。インデックスの研究開発部門として発足。

当期利益:(単位百万円)
2009年-1,294 2008年-1,319  2007年-2,004  
2006年-831  2005年-1,596

どうどうの連続赤字。中間も赤字。インデックスHD関連は赤字企業が多い。
インデックスHDが筆頭株主のフィスコも赤字垂れ流し企業である。この株は売りに出たと聞いたが、その後どうなったのか。

コネクト社は以前から見ていたが、私には理解不能な財務状況にも関わらず、まだ息をしている。資金繰りがお上手なのだろう。ヘッジファンドに三割(行使価額修正条項付)している。金を引っ張る力はあるようだ。しかし危険なMSは自ら滅ぶこと間違いなし。

2009年12月22日の適時開示では経営の戦略上、設置したはずの経営改革委員会を解散するといている。この委員会は3回しか行われていないにも関わらず「取締役会及び経営戦略会議で議論を行い検討を進めた結果、社内における経営改革並びに事業構造・収益構造の再構築の方針に見通しが立ったことにより、本日をもって経営改革委員会を解散することといたしました。」としている。

どこに収益構造の再構築の見通しが立ったのか聞きたい。ふざけた会社である。

こんな会社の報告は今まで見たことがない。健全なる個人株主の皆さんもそう思っているに違いない。

どこまでもふざけた企業である。

経営陣は最後くらいは責任をもって処理にあたることだ。