創健社【7413】JASDAQ

EDINET

3期連続赤字

平成22年3月期 決算短信

売上高4,307百万円(△31.2%) 営業利益△172百万円 計上利益△168百万円 当期純利益△160百万円

流動資産1,311,460千円、流動負債836,959千円と流動比率156.7%。当座資産1,098,468千円、当座
比率131.25%。

販売費及び一般管理費1,332,556千円、売上高4,307,691千円と売上対販売管理費比率30.934%。ずらっと見て行くと、優秀であるが、ではなぜ3期も赤字なのかが問題である。原価率が73%と高く、販売管理費も1,332,556千円と高く、売上総利益1,159,849千円を上回ってしまう。前年同期比でも同じ現象である。リストラが必要だ。現金及び現金同等物の期末残高541,645千円とキャッシュ不足に陥っている。資金調達が必須な状態。