内部統制報告書に対する意見表明せず



スリープログループはIT軸の営業支援、PC導入、工事、運用
のBPO(受託と派遣)及び買収したアビバ事業はPC教室を柱
としている。昨年12月15日の本稿で指摘したように、高野前社
長が、日本振興銀行に取り込まれ、、同行破綻後はそれを隠
ぺい工作した不正行為が明らかになっていた。

三優監査法人は、同社の内部統制報告書に対する意見を表
明しない旨、次の通り説明している。

スリープログループ蠅蓮内部統制報告書に記載のとおり、
平成22年11年18日開催の取締役会において前代表取締役に
よる不正行為の摘発とそれに続く第三者調査委員会の調査に
より、当該不正行為による不適切な会計処理が判明した。
詳細な事実が判明したのは当連結会計年度末日以降相当期
間経過した後であったため、会社は、当初計画していた業務
プロセスの評価手続は実施できたものの、全社的な内部統制
及び全社的な観点で評価する決算・財務報告プロセスに重要
な欠陥が存在するが、時間的制約から必要と判断した評価範囲
についての評価手続を改めて実施することができず、財務報告
に係る内部統制についての最終的な評価結果を表明していない。
このため、当監査法人は、スリープログループ蠅諒神 22年10
月31日現在の財務報告に係る内部統制について、内部統制報告
書に対する意見表明のための合理的な基礎を得ることができな
かった。当監査法人は、内部統制報告書において評価範囲の
制約とされた当該内部統制の財務報告に与える影響の重要性
に鑑み、スリープログループ蠅諒神22年10月 31日現在の財務
報告に係る内部統制の有効性についての結論を表明していない
内部統制報告書に対する意見を表明しない。

なお、同社は10月決算につき、財務諸表の監査報告書は、
無限定適正意見となっている。

内部統制報告書に監査法人の意見表明がなかった場合、上場
廃止になるのかどうかは、明確ではない。スリープログループの
経過も含め、追って掲載したい。