2011年3月期決算の東証1部上場企業(5/26までに決算
発表を行った1277社)の特別損失の合計が6兆383億円
となり、前年同期比55%増となった模様。

2009年3月期はリーマン・ショックで保有株の評価損など
がかさみ特別損失の合計額が7兆4237億円に達したが、
例年の2〜3兆円と比べると、震災の影響による損失が数兆
円にのぼった。

業種別の特別損失計上額は、以下となった。
・電気・ガス業(16社) ・・・1兆3175億円
(うち東京電力が1兆776億円)
・陸運業(34社)  ・・・4962億円
(うちJR東日本が1566億円)
・電気機器(128社) ・・・4534億円