「千杜の関係者が昨年12月、100万株を担保に某金融屋から金を借りたが、即日で売却されてしまい、いま、その返却をめぐってトラブルになっている」というのだ。そもそも、この千杜関係者は、掛け目6割から8割といった兜町でも有名な某金融屋に持ち込んでまで、なぜ金をつくる必要があったのか。昨年12月と言えば、同株は40円台に過ぎなかった。すでに、このトラブルに関しては、捜査当局も把握している模様だ。[東京アウトローズWEB速報版]



この会社は住宅は西日本から首都圏特化。給排水管会社買収。06年8月純粋持株会社。再建途上である。

監査法人の指摘を受け投融資子会社の営業有価証券評価損、貸倒引当繰入計29億。営業大赤字。給排水管工事で稼ぐが黒字浮上難あり。連結債務超過11億円。
継続企業の前提に疑義の注記。

と、こんな会社の株が仕手戦を通じて買われ、500円まで浮上、その後は下落し、今日現在で312円まで下落。2008年1月18日の株価は23円。
23円から500円まで株価が反発したと言うことだ。

この会社の社長、横田尚之氏は過去、代表取締役を務めていた企業で“中国産バイアグラ”を販売していた件で逮捕歴があったそうだ。神奈川県横浜市内でその会社は営業中との噂。そんなやつが上場会社の社長が出来るのだから、日本の上場企業はそんなものと言うほかない。

いつ、つぶれても可笑しくない企業であることは事実だ。この3月末がXデーか。
お前ら経営陣は即刻退陣しろ。