東証、大証を子会社化
時価総額で世界3位


東京証券取引所と大阪証券取引所は東証が大証に対して株式公
開買い付け(TOB)を行う方向で調整に入ったことが17日
判明した。TOBで大証をいったん子会社化し、その後合併す
る案が有力である。10月までに正式に決定し、2012年中
の統合を目指す。統合が実現すれば両取引所の上場企業の時価
総額合計は約300兆円。ロンドン証券取引所グループを抜い
て世界3位となる。現物市場で圧倒的なシェアを持つ東証とデ
リバティブ(金融派生商品)に強い大証が一つになり、国際競
争を勝ち抜く方針。TOBには500億〜1千億円が必要とな
る見込みで、東証は銀行借り入れや増資で調達を検討している。
「将来は大証を存続会社として新会社を設立することで大筋合
意した。」との報道もある。東証の上場は来年の予定だったが
今後の方向性は、決まっていない。