希望退職者募集に関するお知らせ

3期連続の赤字を計上。四半期決算も昨年同期より悪化。 

平成23年7月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

四半期決算での「流動比率」は75.86%「現金及び現金同等物の四半期末残高」は112,800千円しか無い。流動比率でいけば苦しい状態。しかし6月に第三者割当による新株予約権で301,600,128 円(差引手取概算額285,600,128 円)を調達している。

ギリギリの経営が続くと見られる。今後は資金調達が一番の仕事になるだろう。経営陣は何をしていたのかと問いたい。あげ句が「希望退職者募集」なのである。いつも損な役回りが社員なのだ。