民事訴訟の判決に関するお知らせ

会社情報

ライブドア傘下から離脱。経営混乱。

この度の判決は原告側(TLホールディングス)の勝訴。

内容は前代表が勝手に預金より1620 万円を第三者へ送金し、当社へ1620 万円の損害を負わせた事実、また子会社の上海春天国際旅行社有限公司の株式を無償譲渡し、50百万円の損害を与えたとの事。

前代表はこれにより、50百万円の支払いを求めらた格好だ。

さすがに経営混乱状態にあるだけに、経営陣がいままで何をしていたのか問いたいが決算がすべてを物語っている。

平成23 年12 月期 第2四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

流動比率13.99%で債務超過額、−141,701千円。割当増資など資本増強策、期中になければ年末にも上場廃止予定。

現金及び現金同等物の四半期末残高が10,106千円しか無い。上場企業の手持ち現金が1千万円とはあきれ返る。これでは5千万円を取り返しても企業自体が存続しない。

ちなみに売上は30,661千円なり。とっとと廃止にしてくれ。