<大王製紙>井川元会長 借入総額が100億円超の見通し

井川元会長の子会社からの借入額が100億円を上回ることが判明した。信じれない額の借入金である。

井川は子会社から80億円を借り入れ辞任した問題を起こしていたが、巨額の借り入れを巡っては、東京地検特捜部も会社法違反(特別背任)の疑いがあるとして捜査に着手した模様。

使用使途について井川は「株やFXで使った」となどと話しているいう。

この問題で井川が逮捕されないのであれば、子会社を使い、金を借り入れトンズラすればOKという図式が成り立つ。後で、すまん返せないで終わりである。

しかし、王子の元会長である人間がこんな稚拙な考えで物事を行った事が不可解である。よほど頭が悪いのか、何か金が必要な事情があったのかと勘ぐってしまうのは普通だろう。

どちらにせよ、動機は自身の金の為という事だ。株主には行動に出る事を望む。