ここに過去の開示情報がある↓

当社代表取締役及び当社子会社取締役との「金銭消費貸借契約」の締結について

当方はこの開示に非常に興味を魅かれている。こう書かれてある「有線ブロードネットワークス(現:株式会社USEN、以下「USEN」)から、当社の代表取締役副社長(当時、現:代表取締役CSO)千葉龍平及び上級執行取締役(当時、現:エイベックス・アジア・ホールディングス・リミテッド取締役社長)荒木隆司(以下、総称して「取締役2名」)に対して、「経営に対する責任を持つ」という意味で、当社株式を保有するよう依頼があり、取締役2名は個人でUSENから借入を実施し、その資金でUSENから当社株式を購入の上、借入金の担保として当該株式にUSENによる質権が設定されました。 」という内容だ。

内容を読み進めると、千葉、荒木両氏が有線ブロードネットワークスから金を借り、エイベックスの株を購入し、返済が不能に陥り、エイベックスが両氏に金を貸し付けた内容の適時開示情報になっている。

不透明なのは役員報酬以外に収入の無い両氏に対し総額 それぞれ 965 百万円(合計 1,931 百万円)もの金をエイベックスは貸し付けた事になっている。19億3千1百万円という途方もない金だ。

そもそも両氏が有線から金を借り、株を購入した時点で最初から返せるわけのない金額だ。詳しくは上記適時開示情報をクリックして詳細に読んで戴きたい。他人の資金を担保に金を返すスキームが書かれてあるが、笑止千万な内容である。

この開示は以前からずっと気になっていた開示情報だったが、本年を締めくくる記事として書いてみた。