okinawa沖縄は15日、本土復帰40年を迎えた。

何も進展をみない政治には壁壁するが、本土復帰から40年が経った。米軍普天間基地を巡る民主党政権の迷走は沖縄の政府への不信を深め、安全保障のはざまで沖縄はなお揺れ動いている。

ヌランド報道官が記者会見で、沖縄県内移設を条件に米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を返還するとした1996年の日米特別行動委員会(SACO)合意以降、沖縄の基地の整理・縮小に長い時間がかかっていることについてヌランド氏は、負担軽減は進んでいるとの考えを示した上で「非常に複雑な問題が絡んでいる」と指摘。(日経)

非常に複雑な問題ゆえ、先延ばしと取れる発言だ。鳩山が吐いた普天間移設問題で「少なくとも県外」。その後は手のひらを返し、こともあろうに、この御仁は公約ではなかったと言い切った。

沖縄を訪れ、意味不明な発言をし、批判を浴びた田中。とにかく、沖縄にどう酬いるのか。特区構想も現実とは乖離している。まるで意味をなさない施策だ。

アホらしくて聞いていられない。

(恭)