連結子会社に対する訴訟の提起に関するお知らせ

原告 ひまわり証券の元顧客

被告 株式会社エリート、この会社の代表者、ひまわり証券

「本件訴状において原告は、ひまわり証券における日経 225 オプション取引は、インターネット取引のパスワードを被告である株式会社エリートに開示することにより、株式会社エリートに一任して取引が行われたとしています。株式会社エリートは金融商品取引法に定める投資運用業者・金融商品取引業者としての登録を有しておらず、かかる投資一任取引は違法であるとしています。また、ひまわり証券に対しては、投資一任取引を防止すべき義務、パ
スワードの秘匿の必要性を説明する義務、及び適合性原則の遵守義務等に反し、過失による幇助等の不法行為責任があると主張し、他の被告とともに連帯して損害賠償することを求めております。」とある。

内容を読んだが、この開示の中でひまわりHDは株式会社エリートの関係を一切開示していない。

これでは開示内容を適正に読む事が出来ない。IR担当の杜撰さがうかがわれる。

ひまわりHDは三期連続赤字。