97

















[ブダペスト 18日 ロイター] ハンガリーの検察当局は18日、第2次世界大戦中にナチス・ドイツによるユダヤ人迫害に関与した疑いで、97歳のチャタリー・ラズロ容疑者を拘束したと発表した。

「当局によると、ラズロ容疑者は第2次世界大戦中にナチス支配下にあったスロバキア東部コシツェ(当時はハンガリー領)で警察幹部を務め、ユダヤ人約1万2000人のアウシュビッツ強制収容所などへの移送に関与したとされている。ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、同容疑者の協力で強制収容所に送られた人の数が約1万6000人に上るとしている。」


逃げに逃げた「68」年間。1944年にナチに協力し、大量殺りくを行った御仁は、何故97歳という長寿なのか。

いつも思う事がある。日本に「憎まれっ子世にはばかる」という諺があるが、これは「憎まれる人のほうが、世の中では力があったり幅をきかせている。」という意味だが、1つ足してほしい。「長寿」だ。

得てして「良い人」は早く死ぬ傾向にある。「ストレス」に弱いという事なのか。


もっとも長生きな職業は「宗教家」だと言う。なるほど頷ける。池田大作さんは確かに長生きだ。

また、実業家や政治家も長命である。これも頷ける。確かに金の亡者は長生きだ。悪徳ほど長生きの様子。

しかし医者や大学教授は平均以下であると言う。これは何故かは分からない。「過労」が原因か。

短命は芸術家が多いとされている。これも何故だか分からない。「考えすぎ」、「タバコの吸いすぎ(イメージ)」が原因か。

では長生きするには悪徳家になればいいという結論か。

人殺しでも長生き!しかも半端な数ではない! これが世と言うものなのか?



(恭)