北朝鮮は2002年の日朝首脳会談へ向け日本外務省と秘密協議を重ねた北朝鮮の「ミスターX」とみられる柳京(リュ・ギョン)氏を射殺した。

韓国紙が伝えたようだ。

日経新聞によれば、粛清の結果ではないかとの事。

内容は韓国との南北首脳会談を対話推進で合意を得た氏を対南政策が漏れたとし、銃殺していた模様だ。

正日氏から正恩氏への権力継承時、権力闘争中に起きたことらしい。

氏が射殺された事実は日本に取っても大きな意味を持つ。

また、韓国もしかりである。

日本の政府は、大丈夫なのか。防衛省大臣は民間人である。有事の際、迅速な対応が可能なのか。

政権与党の危機管理の無さは東日本大震災で証明済みである。