とりあえず、衆院第一党に返り咲きそうな自民党ではあるが選挙は水物、蓋を開けてみなければ分からない。

つと最近、安倍晋三さんが株価上昇と円安で意気軒昂のようだ。しかし、彼の言う日銀法の改正をしてでも大胆な金融緩和をするというのは、実現出来るのか。

物価上昇は賃金上昇があってこそ消費が伴うのであって、物価選先攻で突っ走られたら消費が落ちる懸念は否めないのではないか。

また、日本の信用は失墜する恐れもある。しかし、経済を先攻して立て直すことがなにより先決で国民も我慢の限界に達していることは間違いはない。

国債をどんどん日銀さんに買ってもらって現在のマネタリーベース130兆円を倍増すればいいと言うお方もおられるとか。いろんな意見がある。

ただ言えるのは茶番はやめて、一刻も早く日本再生に力を注いでほしい。現在の株価は正に安倍トレードである。口先先攻で上昇している。中期的に見て上昇が続くとは思えない。