論評ブログ

論評

2008年03月

東証2部上場のシステム開発「ニイウスコー」(東京都中央区)が循環取引などの不正な経理処理で決算を粉飾していた疑いがあり、粉飾額は100億円規模に上る可能性があることが分かった。同社は既に調査委員会を設置、監査法人とともに取引の実態を精査している。  関係 ...

アパレル大手のサンエー・インターナショナル(東京・渋谷)の三宅正彦社長が自社株でインサイダー取引をした疑いがあるとして、証券取引等監視委員会が調査を進めていることが28日、明らかになった。三宅社長が2006年、公募増資を発表する前に、持ち株数千株を売却したこと ...

LTTバイオファーマ(バイオベンチャー)は子会社のアスクレピオスが東京地裁に 破産手続き開始を申し立てた。負債総額は約52億7000万円。アスクレピオスは 匿名投資組合を作り、投資家から資金を募って医療機関に資金提供をしていた。 19日に出資者に償還すべき5億5000 ...

2月に社員による利益操作が発覚した中道機械は12日、社内調査の中間報告をまとめた。当初2億5千万円としていた利益水増し額は3億7千万円に拡大した。組織ぐるみの関与については否定。不正に直接かかわった社員の処分や鉄井勝之社長の責任については「4月17日の株主総会をメ ...

 「株式持ち合い」など上場企業の株式保有で多額の含み損が生じ始めた。シャープが持つパイオニア株は110億円程度の含み損となり、住友商事が今年2月に追加取得した住友金属工業株も大幅に値下がりしている。3月末の株価次第では損失処理を迫られる企業も出てきそうだ。株価 ...

「千杜の関係者が昨年12月、100万株を担保に某金融屋から金を借りたが、即日で売却されてしまい、いま、その返却をめぐってトラブルになっている」というのだ。そもそも、この千杜関係者は、掛け目6割から8割といった兜町でも有名な某金融屋に持ち込んでまで、なぜ金 ...

[起訴状の受理について] 当社は、本日、大阪地方検察庁より送達された起訴状を受理いたしました。起訴状は、当社及び元当社代表取締役ら2名他1名を被告とし、公訴提起されたものであります。 公訴事実は、元当社代表取締役ら被告人3名が、株式交換による完全子会社化に ...

[社分譲マンションの不適正工事について] 長野県内の弊社分譲マンション「サンクレイドル佐久平」において、施工会社である東武建設株式会社(以下「東武建設㈱」)による不適正工事が判明いたしましたことについて、下記のとおりご報告いたします。 現在、長野県の指導に ...

東証2部上場の不動産会社「スルガコーポレーション」(横浜市)が所有するテナントビルの地上げを急ぐため、偽の売買契約書を作成し、大阪市の建設会社「光誉実業」にビルを売却したように装っていたことが警視庁組織犯罪対策4課の調べで分かった。逮捕された光誉社長の朝 ...

1 平成20 年3 月3 日 各 位 会社名OUGホールディングス株式会社 代表者名代表取締役社長 溝 上 源 二 (コード番号 8041 大証 第一部) 問合せ先常務執行役員 総合企画グループ担当 増 田 安 利 電話番号06−4804−3032 連結子会社における生鮮水 ...

このページのトップヘ