論評ブログ

論評

2008年05月

当社は、本日開催の取締役会において、当社の平成20年3月期決算短信における継続企業の前提に関する事項について、下記のとおり注記することを決定しましたので、お知らせいたします。 平成20年3月期連結財務諸表 平成20年3月4日、当社所有の商業ビルを巡り、立退き業務を ...

本日、当社創業者である元社長及び当時の担当役員(前社長)が、神戸地方検察庁により、証券取引法(現金融商品取引法)違反容疑(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕されたとの事実を確認いたしましたので、その旨お知らせいたします。 また、本日、当社本社及び東京オフィ ...

当監査法人は、会社法第436条第2項第1号の規定に基づき、株式会社ラ・パルレの平成19年4月1日から平成20年3月31日までの第18期事業年度の計算書類、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書及び個別注記表並びにその附属明細書について監査を行った。この計 ...

平成20年3月期の会計監査において太陽ASG監査法人の指摘により、過年度における棚卸資産の過大計上や店舗改装費の架空計上等の不適切な会計処理が判明したことにより、過年度を含む当社の財務諸表に重大な影響を及ぼす恐れが生じました。 そのため、平成20年3月期 ...

 「不正のトライアングル」とは、アメリカのドナルド・R・クレッシー教授が提唱した業務上横領の発生要因から分析された不正の仕組みに関する理論である。同教授は、刑務所に横領関連の罪で服役中の503人を対象に裁判資料の分析や聞き取り調査をしたうえでの実証分析を行い ...

 ジャスダック上場のシステム開発会社、アクセス(大阪市)が黒字決算を装っていた問題で、同社は開発費の水増しなどで損害を受けたとして、村上次男元社長ら旧経営陣に損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こす方針を固めた。  関係者によると、アクセスの旧経営陣は200 ...

全国の自治体が発注する大気汚染の監視装置の入札を巡り、談合を繰り返していた疑いが強まったとして、公正取引委員会は八日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで堀場製作所など五社を立ち入り検査した。  ほかに検査に入ったのは東亜ディーケーケー、紀本電子工 ...

東京地検は9日、ジャスダック上場の携帯電話向け情報配信大手「インデックス・ホールディングス」(東京都世田谷区)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁に恐喝未遂容疑で逮捕された指定暴力団山口組系の森泰智嘉組長(49)ら4人を処分保留で釈放した。    4 ...

インデックスHDの平成19年2月期(第12期上期)決算に絡んで、当時の明和監査法人が「監査検出事項」(=写真)という内部資料を作成していた。すでに、この資料の中身については、某経済誌が一部を暴露している。関係者によれば、「インデックス側は今回の資料流出に ...

このページのトップヘ