論評ブログ

論評

2012年03月

同社は合併等による実質的存続性の喪失(不適当な合併等)」の猶予期間に入り、期限までに新規上場審査基準に準じた審査申請を行えない見込みとなったことから、今回の監理銘柄(確認中)指定となった。 不適切な会計処理に伴う未解決な事象が存在していることから ...

繰延税金資産の取崩し及び業績予想の修正に関するお知らせ 平成24年3月期通期連結業績予想数値の修正(平成23年4月1日〜平成24年3月31日)が当期純利益20億円から一転、△90億円の赤字に転落する模様。 親会社の東北電力向け事業における工事受注の減少や単価の下落が ...

日本アイ・ビー・エム株式会社に対する損害賠償請求訴訟の第一審判決に関するお知らせ 「勘定系システムの開発失敗を巡りスルガ銀行が日本IBMに115億8000万円の損害賠償を求めた裁判で、日本IBMに74億円超の支払いを命じた東京地方裁判所の判決について、日本IBMは2012年3月 ...

石原伸晃氏が「参院自民党が防衛相への問責決議案を検討している」と説明し、公明党の漆原良夫国会対策委員長は「参院の意向を尊重したい」と答えたらしい。 まぁ、致し方ないのではなかろうか。 あまりにも稚拙で空っぽの防衛相は、こと「衛星打ち上げ」に名を借りた ...

鴻海グループ シャープは、買い注文が殺到し、午前の取引で値がつかなった。午後も値がつかずラスト15:00に終値75円高、570円のストップ高で取引終了。 24日に「パナソニック、シャープ、ソニー‘‘赤字地獄‘‘」と書いたばかりだったが、下値467 ...

当社に対する訴訟の提起に関するお知らせ 「郵便事業株式会社より、不法行為に基づく損害賠償額として金12億3百万円余について、当社ほか13名を共同不法行為者として損害賠償請求を提起されたものであります。 」文中抜粋 平成24年10月期 第1四半期決算短信〔日本基 ...

残材・廃材売却代金の不適切な経理処理について 「主として 2006 年度から 2008 年度において、現場で生じた残材・廃材売却代金について必要な経理処理を省略し、当該売却代金を会社に入金しないまま現場経費として使用していたことが判明いたしました。」文中抜粋 従業員 ...

パナソニック7800億円、シャープ2900億円、ソニー2200億円−。大手電機3社が平成24年3月期に巨額の最終赤字に転落する。 それに比べて、韓国勢が躍進。 技術立国日本はどこへ行ったのか。「世界のソニー」と言われた日は遠い記憶になった。 今や、韓国の ...

決算短信開示の遅延に関するお知らせ 「不適切な会計処理に関する過年度決算訂正作業等に想定以上の時間を要した事などから、開示予定日を同年 3 月 26 日に変更致しましたことをお知らせします。」文中抜粋 過去記事 決算開示が遅延するとかなりの企業的にはペナルティー ...

パチンコより射幸性が高く「看過できぬ」と霞ヶ関が摘発を検討中。[FACTA]だそうだ。(FACTAお勧め・・・。ちなみに月刊誌。舌鋒するどく敬称略で呼び捨てってのがいい。) ソーシャルゲームにはまったく興味もないが、とんでも無いことになっていたんだと今頃気づいた。 ...

このページのトップヘ