ジブリのアニメが放映される金曜日の相場は荒れる。

正にまたもや大当たりである。

為替は垂直に落下して行った。ドル円、ユーロ円とも荒れた。

米国の雇用者数が予想を下回った為だが、2日の21:30分の発表の後、一気に落下し日経平均先物は怒涛の下げを演じた。

現在、14250円で推移しているが、-230円の下げである。

ジブリの法則は恐ろしい。この呪縛から逃れられないのかと不思議に思う。ジンクスの一種だが、たかがジンクスとは言えない。