文春の記事に一昨日、隅々まで目を通した。その後、私への取材もあった。

凄まじい内容が綴られ、文春記者の取材へ対しての矜持に感服した。

週刊文春、あっぱれ。すばらしい記事だった。

真実は1つだが、事実は作れる。私が2年間で学んだことである。

分かっていただける人だけ分かってくれればいい。