アベノミクスから1年、ここに来て5月22日以来の15000円台の回復を達成した。

15000円台にチャレンジすること4回目でやっと超えてきた。「景気・企業収益の拡大」「好需給」「好チャート」が出そろったところか。

2年目に入るアベノミクス、リフレ相場は新局面に突入した。

日経平均は14日に7月の戻り高値を更新、15日にはTOPIXも7月23日の1222.72ポイントをクリアした。節目突破による両指数の「もち合い放れ」を達成、5月高値を更新するかが期待されるだろう。

また、メガバンクは軒並み高とやはり状況はいいのではないだろうか。

年末には株投資をしている賢いトレーダーには大きなボーナスとなるのか。その可能性は非常に高いと考えるがどうだろう。あくまでも賢いトレーダーだが・・・。