LTTバイオファーマ(バイオベンチャー)は子会社のアスクレピオスが東京地裁に
破産手続き開始を申し立てた。負債総額は約52億7000万円。アスクレピオスは
匿名投資組合を作り、投資家から資金を募って医療機関に資金提供をしていた。

19日に出資者に償還すべき5億5000万円が匿名組合の資金不足から返すことができず、アスクレピオスが債務超過に陥った。LTTバイオによると、アスクレピオスの元役員らが不正な取引をした疑いがあるという。



匿名投資組合を作り、資金を集める。これが上場子会社のやることか。
LTTバイオファーマの株価は下落した。株主からすれば怒り心頭だろう。

LTTバイオファーマの社長も交代。前社長は体調不良ということだ。
最近のベンチャーはきな臭いヤツばかりだ。
その証拠にどうれだけのベンチャーが資金関係で逮捕されているか。体力と成長性がない企業を監査報告を鵜呑みにし、上場させるほうも悪い。

ベンチャーには目が離せない。 要監視