インデックスHDの平成19年2月期(第12期上期)決算に絡んで、当時の明和監査法人が「監査検出事項」(=写真)という内部資料を作成していた。すでに、この資料の中身については、某経済誌が一部を暴露している。関係者によれば、「インデックス側は今回の資料流出に相当神経をとがらせている。例の恐喝未遂事件では被害者ということで何とか済んだが、今度は会社自体の不透明取引などが明らかになってしまった。しかも、監査法人が指摘していたことだけに重みが全然違う。当然、インデックス側に与えた衝撃度は計り知れない」という。

そこで、この内部資料を紹介しておきたい。同資料はA4用紙で20頁にわたり、6つの大項目にわかれている。その中で、インデックスグループ13社を対象に、問題点を指摘した事項は、細かいものを含めると86項目にも達する。そのため、まず同資料の狒澗料瓩鯒聴していただくために、記載された項目を以下に抜き出してみた。

記螢ぅ鵐妊奪ス・ホールディングス

1連結範囲の問題
(1)Mobliss Inc.
(2)螢廛蹈献Дトブル
2有価証券取引
(1)フロム・イースト・アセット・マネジメント蠅箸亮莪
(2)Swapday Inc.に対する出資及び貸付
(3)螢掘璽エッジとの取引
3貸付金
4経営指導に関する委託契約書
5税金
6事業計画

境螢ぅ鵐妊奪ス

1棚卸資産
2その他流動資産
(1)仮払金
(2)未収入金
3固定資産(稟議)
4大口売上
(1)ドイツ証券向けゲームコンテンツの売上取引
(2)螢咫Ε▲鵐鼻Ε┘晃け売上取引
(3)テイボン・アソシエイツ蠡掌け売上取引
5アズール、スプラウト

訓査子会社

1螢優奪函Εぅ鵐妊奪ス
(1)インデックス・ホールディングスとの共同開発契約
(2)カット・オフ・エラー
(3)●●氏(編集部注=個人名のため伏字)との業務委託契約
(4)訂正報告書の提出についての検討
2スタイル・インデックス
(1)売掛金
(2)在庫評価
(3)返品調整引当金
(4)経費計上の時期について
(5)前払リース料
(6)ポール・スミスPOSシステム開発
(7)稟議書について
(8)財務報告に係る内部統制に向けての改善事項
3螢ぅ鵐妊奪ス・コミュニケーション
(1)仮払金
(2)螢丱Ε魯Ε構衢の通信システム使用許諾
(3)螢ロアからの著作権購入
4現代インデックス
(1)前渡金
(2)ゴルフ会員権
(3)税効果会計
5螢謄譽咼薀鵐
(1)滞留債権の管理
(2)受取手形の管理
(3)棚卸資産
(4)損益計算書の表示区分
6螢▲肇薀
(1)棚卸資産
(2)ソフトウェア
(3)税効果上の実効税率
(4)螢▲肇爐悗慮矯猯素禀佞坊犬詁睇統制上の改善事項

姑鷄査子会社
1インデックス・ミーメディア
2螢瀬ぅ淵癲Ε團チャーズ

V監査契約を別途締結している子会社
1螢ぅ鵐船礇諭Ε曠蹈
2螢優・インデックス
(1)ミランカ広告枠売上について
(2)PC向け配信プラットフォーム機器(VODシステム)の売上について
(3)保守売上の計上時期について
(4)前払費用と借入金の増加について
(5)前払費用の償却について
(6)会社の存続について
3螢泪奪鼻Ε魯Ε
(1)滞留債権
(2)物品受領書
(3)商品
(4)仕掛品(含前渡金)
(5)仮受金
(6)Madhouse Studio Inc(MSI)からの請求書
(7)MSIの監査済財務諸表の入手

坐澗了項
1諸権利(映像、実写、許諾、配信等)の売上計上について

【東京アウトローズWEB速報版】



監査法人の指摘なのだから重い。どれだけ妖しい企業かがよく分かる。
何度も言っているが、IT系は危ない、特にモバイル。

当方も上記以外の情報を入手しているが、最悪な企業であることには間違いない。
このような会社が上場して、コンプライアンスと叫ぶのはどうなんだ。
法令の遵守、お前達はしていない。そこをよくよく考えろ。

このような企業は上場廃止願う。