当社は、平成20 年5 月30 日付(訴状送達日:平成20 年6 月4 日)で、東京地方裁判所から訴状の送達を受けましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1 訴訟を提起した者
(1)商 号 エヌ・シー・エー・ティー・1・ジャパン特定目的会社
(2)所 在 地 東京都港区六本木一丁目6 番1 号泉ガーデンタワー29 階
(3)代表者の氏名 取締役 長縄 順一
2 訴訟の原因及び提起に至った経緯
当社は、「システム&オペレーション」一体型流通支援サービスの一環として、商品プロモーション・メディア機能を備えた展示ショールーム兼ストックルームの候補地として、下記物件の定期賃貸借契約を締結しておりました。
しかしながら、原告は当初より約されていた本建物の補修工事等を履行せず、当社の再々にわたる督促にも応じず、当社の事業展開に影響を及ぼすに至り、当社としてはやむをえず、原告側への賃料等の支払いを一旦休止したものであります。
上述の経緯を経て、原告は当社に賃料及び共益費の未払いによる債務不履行があったとし、当社に対して、当該契約を解除する旨を通知し、定期賃貸借契約の期間満了日である平成23年11 月30 日までの賃料及び共益費の支払等を求める訴訟を提起したものであります。
物件の表示
建物の住所 神戸市東灘区向洋町中二丁目10 番地
建物の名称 六甲アイランドRGB
賃貸面積 12,738.71 平方メートル
3 訴訟の内容
1.本建物の明け渡し
2.定期賃貸借契約期間満了迄(平成23 年11 月30 日)の賃料、共益費等1,227,689,029 円平成20 年4 月23 日から建物の明け渡しまで月額57,139,782 円
4 今後の見通し
当社は、原告が建物の補修工事、内装工事を怠る等、本物件所有者兼賃貸人としての義務を果たしておらず、むしろ、原告に債務不履行があると考えております。この訴えは不当であり、今後、反訴する事を視野に入れ、裁判で当社の正当性を主張してまいります。
なお、訴訟の推移によっては当社の業績に影響を及ぼす可能性がありますが、現時点ではその影響は不明であります。影響が生じた場合は、速やかにお知らせ致します。



サイバーファーム ↓

通信販売業向けCRMや物流向けSCM介した業務支援。沖縄にデータセンター、貨物航空も                                 
【連結事業】ビジネスソリューションサービス72、センターサービス18、他10(2007.12)
本社所在地 〒900-0036 那覇市西2−19−1
代表者名 半田 貞治郎
設立年月日 2000年3月15日
市場名 ヘラクレス
上場年月日 2003年11月25日
決算 12月末日
単元株数 単元株制度なし

これが上場企業としての態度なのだろうか。情けなさすぎるのではないだろうか。
要するに家賃の滞納である。

なんだかんだ言ってはいるが、「家賃滞納」なのである。しかも「支払いを一旦休止したものである。」とあるが、どうなんだろう、普通は協議の上支払うのが通常ではないのだろうか。

決算期 2007年6月期        2007年6月期 (連結)
決算発表日 2007年8月29日     2007年8月29日
決算月数 6か月           6か月
売上高 1,943百万円        2,275百万円
営業利益 -817百万円       -956百万円
経常利益 -840百万円       -999百万円
当期利益 -809百万円       -969百万円
1株当期利益 -13,788.32円    -16,510.60円

とまぁ、大赤字…。ただ支払いができなかったが正しいのではと思ってしまう。

連結でも大赤字です。連結で1億ほどマイナスが増えるなら、連結から外せばいいじゃないか。連結飛ばしで…。あなた達の常套手段ではないですか。