株式会社IHIに係る有価証券報告書等の虚偽記載に係る課徴金納付命令勧告について


平成20年6月19日
証券取引等監視委員会

--------------------------------------------------------------------------------


1.勧告の内容

証券取引等監視委員会は、株式会社IHIに係る有価証券報告書等の虚偽記載について検査した結果、下記のとおり法令違反の事実が認められたので、本日、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して、金融庁設置法第20条第1項の規定に基づき、課徴金納付命令を発出するよう勧告を行った。

2.法令違反の事実関係

株式会社IHIは、

(1) 有価証券報告書等について、

 (神18年12月15日、売上の過大計上及び売上原価の過少計上等により、連結中間純損益が10,095百万円(百万円未満四捨五入。以下、連結中間純損失額及び連結当期純損益額について同じ。)の損失であったにもかかわらず、これを2,817百万円の損失と記載するなどした中間連結損益計算書を掲載した平成18年9月中間期半期報告書を、

◆(神19年6月27日、売上の過大計上及び売上原価の過少計上等により、連結当期純損益が4,593百万円の損失であったにもかかわらず、これを15,825百万円の利益と記載するなどした連結損益計算書を掲載した平成19年3月期有価証券報告書をそれぞれ、関東財務局長に対して提出した。

同社が行った上記の各行為は、金融商品取引法第172条の2第1項又は第2項に規定する「重要な事項につき虚偽の記載がある」有価証券報告書等を提出した行為に該当すると認められる。

(2) 発行開示書類について、

 (神19年1月9日、関東財務局長に対し、平成18年9月中間期半期報告書を参照書類とする有価証券届出書を提出し、同有価証券届出書に基づく一般募集により、同月26日、143,000,000株の株券を55,913,000,000円で取得させ、

◆(神19年1月9日、関東財務局長に対し、平成18年9月中間期半期報告書を参照書類とする有価証券届出書を提出し、同有価証券届出書に基づく第三者割当による募集により、同年2月26日、21,450,000株の株券を8,044,608,000円で取得させ、

 平成19年6月8日、関東財務局長に対し、平成18年9月中間期半期報告書を参照書類とする発行登録追補書類を提出し、同発行登録追補書類に基づく募集により、同月18日、社債券を30,000百万円で取得させ

もって、重要な事項につき虚偽の記載がある発行開示書類に基づく募集により有価証券を取得させた。

同社が行った上記の行為は、金融商品取引法第172条第1項第1号に規定する「重要な事項につき虚偽の記載がある」売上の過大計上及び売上原価の過少計上に該当すると認められる。



IHI ↓

総合重機大手。航空宇宙は民間航空機用エンジンで首位。造船で三井造船、川崎重工と提携                                  
連結事業
【連結事業】物流・鉄構13、機械13、エネルギー・プラント28、航空・宇宙23、船舶・海洋12、不動産3、他9【海外】43(2008.3)
本社所在地 〒135-8710 東京都江東区豊洲3−1−1
代表者名 釜 和明
設立年月日 1889年1月17日
市場名 東証1部,大証1部,名証1部,札幌,福岡
上場年月日 1949年5月
決算 3月末日


売上の過大計上及び売上原価の過少計上により、 重要な事項につき虚偽の記載がある発行開示書類に基づく募集により有価証券を取得させるという悪質極まりない行為を平然と行う企業。

しかし、虚偽記載はいまや当たり前のように行われている。

これは、どうせ見つかっても、「謝罪」と「みそぎ」で済ませれることが一番の問題なのである。こんなもんで終わらせることが出来るのなら、皆やるに決まっている。

こうした風潮をお座なりにしていいのかと「役人様」に聞きたい!

ようは、見破られなければOKという、企業の当り前の選択といまやなっているのだ。当方も未だ見破られてない事案のある企業を数件知っている。虚偽記載は当たり前、循環取引に連結はずしとまぁすごいもんだ。

大体が、ほぼ毎週、当方がブロブに乗せる悪質な「適時開示」があること自体が異常ではないのかと言いたい。