本日、当社九州支社の営業部署(以下、「担当部」)において、地元の取引先向け農業資材などについて、2000 年9 月以来循環取引の疑義のある取引(以下、「本取引」)に関与していた事実が、社内調査の過程で発覚しましたので、お知らせ致します。株主、投資家を含む関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。
本日現在、社内調査の過程で確認された内容によると、本年6 月27 日に担当部が、取引先の一社より本取引に関わる資金繰りについて相談を受けたのを契機に、関係者に事情を聴取したところ、担当部の業務委託先であった会社の代表者が、当社の委託業務の一環として関与してきた取引に循環取引の疑いがあることが発覚しました。また、同氏は、1995 年4 月より2006 年4 月迄の間、当社出向受入嘱託社員でしたが、2000 年9 月より本取引を開始し、2006 年5 月に業務委託先となる会社を設立後も、当社が新規に本取引を行うことを中止した2008 年2 月迄の間、本取引を継続していたことが判明しております。尚、当社が本取引を中止した理由は、本取引に疑義を抱いたことによるものではなく、当社業務プロセスの見直しによるものです。
当社は、6 月30 日、社外弁護士、公認会計士を含む社内調査チームを立ち上げ、実態を解明すべく徹底的な調査に着手しており、今後更に調査を進め、詳細が明らかになった段階で、あらためて公表させて頂きます。
尚、本取引に関わる本年6 月末の当社の債権残高は約8 億円で、今期業績見通しに変更はありません。
当社は、このたびの本取引を厳粛に受け止め、事実の解明と同時に、管理体制の改善と強化など、再発防止の徹底に継続して取り組んでまいります。



三井物産 ↓

特色 三菱商事と覇権争う総合商社の雄。重厚長大産業や鉄鉱石・原油など資源に伝統的に強い                                   
連結事業 【連結事業】金属18、機械・プロジェクト15、化学品15、エネルギー16、生活産業19、他18(2008.3)
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1−2−1
代表者名 槍田 松瑩
設立年月日 1947年7月25日
市場名 東証1部,大証1部,名証1部,札幌,福岡
上場年月日 1949年5月
決算 3月末日

記事から ↓

三井物産は25日、九州支社(福岡市博多区)が2000年9月から約7年半、農薬などの農業資材について、複数の企業が互いに発注を繰り返すなどして架空の売上高を計上する「循環取引」に関与した疑いがあったと発表した。

 この取引の6月末の同社の債権残高は約8億円としているが、取引の総額は不明。同社は弁護士や公認会計士を含む社内調査チームで全容解明を進めており、関係者の刑事告発も検討している。

福岡市内で本坊吉博・同社化学品第2本部業務部長らが同日会見した。

 発表によると、問題の取引は08年2月まで続行。農業資材が一般消費者に販売されずに企業間を回り、最終的に仕入れ先に戻るなどしていた。最近は伝票のみの架空取引が相当部分を占めたという。取引のあった問屋の1社から6月、資金繰りの相談があったことから関係者に事情を聴き、循環取引の疑いが発覚した。

 取引を主導した疑いがあるのは、人材派遣会社から1995年4月、嘱託社員として九州合樹無機化学品部に所属していた男性嘱託社員(49)ら。三井物産は「ほかの関係者については調査中」としている。 (読売新聞)


商社の大手は必ずと言っていいほどやっている事実の一部だ。これは氷山の一角にすぎない。当方も1社知っているが、ここも循環取引である。

しかし、本当に嘱託社員が循環取引をするほどの権限があったのかは疑わしい。
取引のあった業者からの資金繰りの相談で事実が判明したとある。これは大体が循環取引をしているとどこかで歪が必ずくる。そこの一社が資金繰りの相談に来たのだろうと予測する。おそらく、この業者はこの事実を訴えて資金を引こうとしたに違いない。なんと浅ましい限りである。