ジェイオーグループホールディングス 「MSワッラント発行」



ジェイオーGHDだが現在、「継続企業の前提に関する重要な疑義」が存在する企業である。
また、子会社のJO建設が民事再生手続きに入り、6月20日に開始決定が下されている。
この度のワラントはこのJO建設に対して債務保証をしており未回収となる部分と自社の運転資金合計で134000千円を調達するものらしい。

何度も言うがMSワラント発行すれば株式の希薄化を招く、下限は発行議決日の株価終値の50%としているがそれでも新株引受人は株価が下降し、下限の価格で転換した場合、通常株の2倍に膨れるのである。

断言しておこう、この手の企業は必ず管理銘柄になり、そして資金繰りの悪化、最後は民事再生へと転落していく。

株主からすれば冗談では無いこの糞ヤローもっと資金調達をばかなファンドから引っ張って金を俺に返せと言いたいところだろう。


この他、特別目立つ特損、不正はありませんでした。