【ミホウジャパン】

「当社株式の監理銘柄(確認中)指定理由の追加について」

当社株式について、平成20 年7 月1 日付にて大阪証券取引所より監理銘柄(確認中)に指定されておりましたが、本日、大阪証券取引所より発表がありました通り、当社の株式は、監理銘柄(確認中)理由が追加されましたので、ここに至った経緯および今後の対応につきまして、下記の通りお知らせいたします。

1.監理銘柄(確認中)指定理由の追加に至った経緯
当社株式は大阪証券取引所(ヘラクレス市場)の平成20 年8月25 日の株式市場終了
をもって、浮動株(※)時価総額が30 営業日連続して1億円未満となり、大阪証券取引所の「監理銘柄及び整理銘柄に関する規則」第7条第1号の2a(c)に該当したため、平成20 年8 月26 日より監理銘柄(確認中)指定の理由が追加となりました。
ただし、今後6か月間の間に、5営業日連続して浮動株時価総額が1億円以上となれ
ば、本追加条項に関しては監理銘柄(確認中)の指定が解除されることとなります。また、監理銘柄(確認中)指定期間中における当社株式の売買取引については、特別な制約はなく、従来通りの取り扱いとなります。
また、現状の監理銘柄(確認中)の指定期間につきましては、平成20 年6 月30 日に
お知らせしました通りで変更はございません。
(※)浮動株=役員及び上場株式数の10%以上を所有する株主並びに上場会社が自己株式を所有している場合の当該上場会社を除く株主が所有する株式
2.今後の対応について
今後とも、大阪証券取引所での上場維持に最大限努力して参る所存です。
なお、本件に関する具体的な方策等につきましては現在検討中であります。



【コメント】

時価総額が1億円未満になり、指定理由の追加となった。平成20年3月期の当期利益は連結で-270百万円と2期連続赤字を計上。

業務用冷凍冷蔵食品が主力だが回復の兆しが見えない。


【ニチアス】

「訴訟の提起に関するお知らせ」

当社及び当社の子会社である日本ロックウール株式会社は、平成20年6月30日付で訴訟の提起を受けましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.当該訴訟の提起があった裁判所及び年月日
横浜地方裁判所 平成20年6月30日 (送達日 平成20年8月18日)
2.当該訴訟を提起した者
神奈川県在住の建設従事者とその遺族43名 (原告ら)
3.当該訴訟を提起された者
国並びに当社及び当社子会社である日本ロックウール株式会社を含むメーカー46社 (被告ら)
4.当該訴訟の内容及び請求額
原告らが石綿関連疾患に罹患したのは被告らの責任であるとして、国に対しては国家賠償法に基づき、メーカー46社に対しては不法行為責任及び製造物責任に基づき、原告(患者単位)一人あたり金3850万円、総額 金15億4000万円(弁護士費用を含む)の支払いを求めているものであります。
5.今後の見通し
当社としましては、原告らからの請求に対して、法廷の場で適切に対応していく所存です。なお、現時点において、当社の業績への影響は不明です。今後、裁判の推移において重要な事実が生じたときは適宜お知らせしてまいります。



本日は特別な特損も不正事項もありませんでした。